Mooer ShimVerb レビュー

エフェクター
Pocket

巷で話題?のシマーリバーブ シンセサイザーのような残響音が出るリバーブですね、昔はギターシンセとかありましたね、これは今までにない新しい感覚です。というわけでストライモンは値段が高いので、Mooerの ShimVerbです!!

仕様

サウンドハウスさんより

■ギター用エフェクター
■リバーブ
■トグルスイッチにより3モード切替可能
・Room:小さな部屋からコンサートホールのような広い空間まで設定することができます。
・Spring:60年代のサーフサウンドにかかせないスプリングリバーブを再現
・Shimmer:きらめくようなリバーブ
■トゥルーバイパス仕様
■電源:DC9Vセンターマイナス
■寸法、重量:42W×52H×93.5Dmm

Mooerシリーズは、コンパクトで軽くて持ち運びによいです。

 音

元来、リバーブのみのエフェクターは使った事がなく、アンプについているのを多少あげたりしてましたが、大した効果は無かったような感じでした、その点リバーブのみのエフェクターだと音の効果が良くわかりますね。

まずはRoom、これは使える音ですね、ハリのあるクリアな音で、薄くかける程度でバッチリだと思います。

次はSpringです、まあコレはやる音楽のジャンルによるのでしょうが、ロカビリーなどには最適です。

そしてShimmerです。変わったリバーブですね、曲の中での使い所がイマイチまだわからない感じです、ソロギターなどでは面白い効果が出ると思います。音が小さめなのでShimVerbの後ろの方にブースターやコンプなどで持ち上げてやった方が良いかもです。もう少しツマミ等で調整の幅が広がれば良いですかね、しかしこのコンパクトな個体も持ち味ですからね。

総評

しかしシマーリバーブは、面白い空間系のエフェクターですね。ギター本来の音を損なわない程度でシンセのような残響音が出るのは、面白いですね、こういうのも音楽的に使いこなしていきたいものです。

Prymaxeさんが作られている動画です。

サウンドハウス

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました