TUBE SCREAMER MINI レビュー

スポンサーリンク
エフェクター
Pocket

はじめに

TUBE SCREAMERが小型化されまして、がぜん手軽に持ち運べるし、エフェクターボードにも組み込みやすくなりました。

https://amzn.to/4bRClu9

チューブスクリーマーは、ギタリストの間で絶大な人気を誇るオーバードライブペダルです。その中でも、Ibanezの「TUBE SCREAMER MINI」は、コンパクトなサイズながらも本物のTSサウンドを再現し、高い評価を受けています。本日は、このペダルの魅力を徹底的にご紹介します。

何より小型化、軽量化がうれしいですね、年齢が重なると機材が多い、重い、は大変ですからね(泣)

しかも財布に優しい値段です。

仕様

■コントロール:トーン、レベル、オーバードライブ、エフェクト・オン/オフ・スイッチ、エフェクト・オン・インジケーター ■入出力端子:入力、出力 ■外形寸法:92.6(D)× 50.9(W)× 55.1(H)mm ■重量:292g ■電源:DC9V ACアダプターのみ(電池駆動不可)■別売専用アダプター: AC509(DC9V、センター・マイナス)

サウンドハウスさんより

コントロールノブは、「TONE」、「OVERDRIVE」、「LEVEL」の3つのみ。シンプルな構成ながら、これで十分にサウンドをコントロールできます。

特に、「OVERDRIVE」ノブが大きく設計されているのが特徴で、微細な調整が可能です。一方で、「TONE」と「LEVEL」のノブはやや小さめです。

ノブ 機能
TONE 高域の量を調整
OVERDRIVE ゲインの量を調整
LEVEL 出力レベルを調整

使用動機

TUBE SCREAMERがすごく万能なブースターだなと思い、いろんなエフェクターと組み合わせが試したい欲求がでてきました。そうすると小型化された場合、取り回しも良いし、手軽に色んな事ができそうで、このサイズが良いと思いました。小型でありながら、耐久性があり、ペダルボードに取り付けやすいと評価されています。スペースの制約があるプレイヤーにとっては特に便利ですね。

サウンド

Tube Screamer Miniは、クリーンブースターとしても、ミルドなオーバードライブとしても使用できます。特に中音域を強調し、ミッドブーストとしても優れているとされています。オーバードライブのレベルを上げることで、歪みの範囲を広げることも可能です。

ヴィンテージなTSサウンド

TUBE SCREAMER MINIは、従来のTS808やTS9と同じJRC4558オペアンプを搭載しています。そのため、ヴィンテージ風のクラシックなTSサウンドを再現できるのが最大の魅力です。

歪みは控えめながらも、適度な厚みとクランチ感があります。高域はきれいに出るものの、過剰にはならず、バランスの取れたサウンドですね。

チューブアンプとの相性

このペダルは、チューブアンプとの組み合わせに優れた相性を発揮します。マーシャルアンプへのブースターとして使えば、アンプの歪みを増幅し、よりファットなサウンドに育ててくれます。

また、ディストーションペダルとの併用も可能です。ディストーション後段に接続すれば、よりスムーズな歪みに調整できます。

多彩な応用力

さらに、2台のTUBE SCREAMER MINIを組み合わせれば、クランチからヘヴィな歪みまで、幅広いサウンドメイクが可能になります。

  • 1台目: メインのオーバードライブサウンド
  • 2台目: さらに歪みを増幅

ギタリストの用途に合わせて、様々なセッティングを楽しめるのが魅力的です。

TS9やTS808と比べて

TS9やTS808とはやはり異なる音色です、個体の大きさによるのもあるのでしょうが、全体的にコンパクトにおさまった感じの音です、歪みの音はTS808と同じ感じでしょうか、軽やかな明るいかんじです。でもミドルが強調された音の、チューブスクリーマー!!てなかんじです!あとはトゥルーバイパスです、なのでTS9のように繋げただけでのバッファーの音はないのですかね、自分的にはこのバッファーの音が好きなのですが

ライブ・レコーディングでの活用

TUBE SCREAMER MINIは、ライブやレコーディングでも大活躍するでしょう。

ライブ演奏での使い勝手

コンパクトなサイズとシンプルな操作性は、ライブ演奏で大いに役立ちます。ペダルボードの限られたスペースにも簡単に設置でき、迅速にサウンドチェンジを行えます。

また、フットスイッチの反応の良さも、ライブならではの高い要求に応えてくれます。アンプやエフェクターとのセッティングも容易なため、思い通りのサウンドを手に入れられるでしょう。

レコーディングでの活用

レコーディング時には、ブーストやクランチとしての活用が期待できます。チューブアンプにブーストすれば、よりファットでアグレッシブなサウンドを生み出せます。

またクリーンアンプに接続すれば、サスティーンのあるクランチサウンドを得られます。ギターソロの際に、ピッキングのアタックを際立たせるのにも適しています。

使い方

自分の使い方としては、単体で使用するより、他のペダルと組み合わせて、LEVEL全開!DRIVE最小!でブースター的に使うのがベストだと感じました。もちろんマーシャルアンプをブーストさせるのもオッケーです。このサイズ感が良いですね、ただし電池駆動はできないので、電源を用意する必要がありますね。今のところ、ケンタウロス系のエフェクターとの組み合わせがベストでしょうか!? まだまだ探求していきたいです。

まとめ

TUBE SCREAMER MINIは、サイズは小さくともその実力は本物。ヴィンテージなTSサウンドを手軽に楽しめるだけでなく、オーバードライブ、ブースター、クランチといった多彩な使い道があります。

コンパクトなボディとシンプルな操作性は、ライブやレコーディングでの扱いやすさにも貢献しています。高いコストパフォーマンスを誇るこのペダルを、ギタリストの必携アイテムとしてお勧めします。

 

 

サウンドハウス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ibanez TSMINI
価格:8,050円(税込、送料無料) (2024/5/22時点)

楽天で購入

 

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました