スタンダード 究極のレスポール

スポンサーリンク
ギター
Pocket

お次はギブソンレスポールに焦点を当ててみましょう!第二弾です

ブルースギター大名鑑を引用して、ご紹介してみたいと思います。

スタンダード 究極のレスポール

華やかだが重厚な作りのレスポールは、発売当初こそ人気を集めたものの、売り上げは徐々に落ちていった。 打開策としてギブソンは1957年、 ゴールドトップモデルに新開発のハムバッキング・ピックアップを採用。 続く 1958年にはゴールドトップ・フィニッシュを廃止。表板を、 中央で合わせた。センターブックマッチのメイプル材2ピースに変更し、 ギブソン伝統のサンバースト・フィニッシュを施す。 この 「レスポール・スタンダード」 のおかげで売り上げは回復したが、 期待したほどではなかった。 3年後にはレスポールの全シリーズが、 軽量でフラットなSG(solid guitar の意) ラインにモデル・チェンジされる 〔58年から60年に製造されたサンバースト・フィニッシュのレスポールは、 一般に「サンバースト・レスポール」と呼ばれる〕一方このころイギリスでは、新興のバンドがマディ・ウォーターズ、 フレディー・キングらのレコードを熱心に聴いていた。 キース・リチャーズは1964年、 あこがれのヒーローたちに倣ってレスポール・スタンダードを入手(間もなくエピフォンのカジノに持ち替える)。 1966年、エリック・クラプトンとザ・ブルースブレイカーズが『ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン (Blues Breakers with Eric Clapton)』 を発表 (通称 『ビーノ (BEANO)』)。

その驚異的なサウンドは、1960年製といわれるレスポール・スタンダードと、マーシャル 1962 コンボ・アンプ (セレッション製スピーカー2基、 30ワット出力) の組み合わせから生まれた。

クラプトンの後継としてザ・ブルースブレイカーズに加入したピーター グリーンも、 レスポール・スタンダードを愛用した。 彼のギターは、フロントピックアップを付け直すときに手違いが生じたせいで、 セレクターをミドルにすると独特な調子外れの音を出した。

以降ジミー・ペイジを筆頭に、レスポールの愛用者は増えていく。 アメリカではデュアン・オールマンがこれに続き、ZZトップのビリー・ギボンズも「パーリー・ゲイツ (Pearly Gates)」 と名付けた1959年製サンバーストレスポールを相棒にした。

徐々に有名どころのギタリスト達が素晴らしいレスポールサウンドを奏でたおかげで、浸透していきましたね。

ギブソンのハムバッカー

ギタリストたちは、シングルコイル・ピックアップに装置が干渉して起こるパズやハムノイズに
悩まされていた。プレイヤーをこのトラブルから解放したのが1957年ごろにギブソンが採用したハムバッキング・ピックアップだ。 開発者は同社エンジニアのウォルター・フラーとセス・ラヴァー 2つのシングルコイルを逆相接続してノイズを打ち消す(ハム・キャンセリング)という画期的な構造で、サウンドを太くパワフルにする効果もあった。最初期のハムバッキング・ピックアップは、「Patend Applied For(特許出願中)というシールが張られていたことから、「PAF パフ」 と呼ばれる。 PAF の生産が始まったころ、ギプンンのコイル巻線機には自動停止機能がなかった。そのためコイルは設計値を超えて巻かれることが多く、20%近く超過する場合もあった。

ピックアップコイルは直径0.05~0.06mmをシングル・コイル・タイプで、 6000~8000ターン、ハムバッキング・タイプでは 1個のコイルに4000~5000ターン巻かれている。
マグネットはフェライト、アルニコ系が主に使用され、 磁力は1000~1400ガウスくらいである。
コイルを保護するピックアップ・カバーにはプラスチック、 金属が用いられる。金属カバーにはシールド効果はあるが 表面にうず電流が生じ、高域が減衰するため、 外して使用する場合も多い。
電磁ピックアップにおいて出力を増大させるためには、 磁力を強くするかコイル巻き数を増やすことである。 しかし、強すぎる磁力は弦振動を不自然にし、 コイルの巻きすぎは高域を減衰させる。 結局、同構造のピックアップでは磁力と巻き数の兼ね合いが ピックアップの特徴を決定していると言える。

一つ一つ仕様が違うこの事が、レスポール・スタンダードの個性豊かなサウンドを生み出している。 PAFは1957年 レスポールおよびES-175 に搭載。間もなくギブソンの他のトップラインのギターにも採用される。これは同じようなピックアップはあまりないという事ですね、希少価値がありますね。

仕様

レスポール・スタンダード概要
サンバースト・フィニッシュ 1958年半ば、ゴールド・フィニッシュを廃止。 2ピースのメイプル トップ、サンバースト・フィニッシュに変更。限定生産 サンバーストレスポールの生産は1958~60
年のみ。 生産総数は約 1,600 本にとどまる (1958、59、60年のレスポール・スタンダード出荷数は 1,712本。 このうち58年前半の出荷品にはゴールド・フィニッシュが含まれている (工場の記録が失われているため正確な数は不明)。 また60年出荷品にはSG タイプが少数含まれる。よってサンパースト・レスポールの正確な製造数は特定できない)。製造年による違い 1958年製はネックがもっとも厚い。 59年製は新しく幅広のフレットを採用。 60年製はネックが細くなっている。ソープバー P-90 ギブソンは1968年にレスポール・ゴールドトップの再生産を始めるが、これには「ソープバー」と呼ばれる P-90 が搭載されていた。しかしプレイヤーたちが望んだのは、 1959年式のハムバッカーだった。ハムバッカー (1969年、レスポール・スタンダードはミニ・ハムパッカーを採用したゴールドトップの「レスポール・デラックス」として登場する。 71 年にはフィニッシュをチェリー・サンバーストに変更)1972年から76年にはフル・サイズのハムバッカーを搭載したオプション・モデルも生産。コピー・モデル 日本製の精巧なコピー・モデルに刺激を受けたギブソンは、 1976年にサンバースト・フィニッシュのレスポール・スタンダードを再発売。

現在もさまざまなモデルのレスポール・スタンダードが生産されている。ヴィンテージ復刻モデル 1983年には、フレイム・トップの59年製レスポール・スタンダード復刻モデルが発表された。

現行モデル ギブソン USAからは、伝統を受け継ぐサンバースト・フィニッシュの 2008レスポール・スタンダード、レス・ポールのオリジナルデザインをよみがえらせたレスポール・トリビュート 1952 など。

Gibson Les Paul Standard 2008(2010年製)美品・軽量 (Sold ...Gibson Les Paul '52 Tribute Prototype 2009 | Reverb Canada

ギブソン・カスタムからは、 サンバースト・レスポールを忠実に再現した1959レスポール・スタンダード、1960 レスポール・スタンダードや、 1960 レスポール・カスタム“ブラック・ビューティー”、 現行版のレスポール・カスタムなどが発表されている。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました