ROWIN NOISE GATE ノイズカット!

スポンサーリンク
エフェクター
Pocket

Rowin Noise Gateです

ROWINとは 

ROWINは2013年頃に国内デビューしたブランドで、デザイン製の高い独自筐体が特徴です。通常、中国ブランドの多くが伝説的な名機をモチーフにした製品が多いですが、ROWINは同じ中国ブランドであるMOOERの製品をベースに開発していると言われています。エフェクターはもちろん、オシャレなデザインのクリップチューナーも人気です。という事らしいです。

コストパフォーマンスに優れたエフェクターメーカーでもあります。

導入目的

FUZZですね。FUZZとオーバードライブを組み合わせで使い、ヴォリュームを絞ってクリーントーンから、MAXの歪みまで使おうとしたときに、volumeゼロの状態で、サーーー!というノイズが入ります。特に空間や間があるバンドではNGです。そこでノイズゲートです。設定した以下の音量になると信号をシャットアウトするノイズゲート!

コスパ

この手のエフェクターは使ったことが無かったので、どれが良いのか悩みました、がやはりコストですかね。ということで、Rowin Noise Gateに決定です Amazonでこの値段です。

 税込

 

この値段だと1台持っておいても損はないですかね。

使い心地

仕様は

  • HARD/SOFT切り替えスイッチで掛かりを調整
  • 「THRESHOLD」ツマミで対象の信号をカットします。
  • トゥルーバイパス設計
  • DC9V(センターマイナス)で駆動。*アダプターは付属しません。      

とても簡単な使い心地で、音的にも特に問題は感じられないですね。

結論

ノイズの発生は色んなパターンがあるのでしょうが、今回の様に、FUZZとオーバードライブを常時ONの時に発生する場合などに対応できるように、一台あると便利です、ミニサイズなのもうれしいです。電池は使えませんが。コスパよし!です。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました