xotic sp compressorレビュー

スポンサーリンク
エフェクター
Pocket

xotic sp compressor

コンプレッサーとは

コンプレッサーとは コンプレッサーの効果は大きな音量を圧縮して小さくする、レベルを揃える、サスティーンが長くなる、等の効果があります。

導入動機

今まではこのコンプレッサーというエフェクターには今ひとつ興味が湧かなく、音を圧縮して揃えるという事は、演奏のダイナミズム、強弱が無くなり、味気の無い演奏になるのではと思っていました。が、

歌モノバンドのバッキング等、クリーントーンのアルペジオで一定の音量で弾く時や、多少派手な事をやったとしても、歌を邪魔する事はなくなったりするかなぁと思い、試したくなり、導入を検討するため、情報収集です。

検討

コンプレッサーといえば!みたいなエフェクターは MXR M102 DYNA COMPProvidence VLC-1 VELVET COMP辺りでしょうか、コンプレッサーとかあまり使った事がなかったので、YouTubeでコンプレッサー系のエフェクターの動画を見て、音を比べたりして研究しました。

やはり音を制御するエフェクターなので、色々なエフェクターを聞き比べても、効果の程が良い感じになるモノもあり、あからさまなモノもあり、これは必要なのかー⁉︎と悩みました。

Xotic SP Compressor

そこXotic SP Compressorです、まずは個体の小ささです、エフェクターボードにも組み込みやすいですし、電車移動ギタリストにも嬉しい感じです。肝心の音ですが、コンプレッサーのかかり具合の調節が、かなりしやすいですね。大袈裟にかけたり、薄くかけたり、ボリュームノブとブレンドノブで幅広く使えます。音質も良いですね、ちょいと高級感がでます。

この辺りは流石のxotic クオリティだと思います。あとコンプをかけすぎたりするとノイズが発生するので注意が必要です。

結論

コンプレッサーは音楽のジャンルや好みであってもなくても良いと思うので、この個体の大きさならエフェクターボードに入れておいても、損はないのかなと思いますよ。

サウンドハウス

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました